平成30年度鹿児島県経営品質協議会通常総会を開催しました(2018年6月4日)

平成30年度 「鹿児島県経営品質協議会」通常総会・講演会

1.日時 平成30年6月4日(月) 14:30~

2.場所 ホテルパレスイン鹿児島(鹿児島市樋之口町8-2)

3.プログラム
(1)総 会 14:30~15:20

(2)講 演 15:30~17:00
  講師  本坊酒造株式会社 取締役会長 本坊修 氏
  演題  ~ 総合酒造メーカーとしての挑戦 ~

 

   

講演会の模様

 創業146年の歴史を丁寧に解説して頂きながら、いかにして技術を継承してきたか、そして時代のニーズに対応するために革新してきたかをご講演頂きました。

 

(参加者の感想を一部ご紹介)

創業146年ということがすばらしいです。技術の継承、人材育成がすばらしかったと思います。

創業146年の歩み、その時代における対応の話を聞くことでわれわれがやるべき事への気づきとなり、大変勉強になりました。

強みを活かしながら時代にあったニーズに対応する事は、今、一番必要な事と思います。その中で一本芯の通った経営というものが必要だと、とても感じました。

苦労されながらの歩みが、大変参考になりました。先見の目も大切ですが、一歩一歩着実に歴史を刻むことが勉強になりました。

鹿児島を代表する企業のエピソードを伺えて、改めて鹿児島から全国へ喜ばれ続ける企業づくりを進めます。

わずか50年という表現に、大きさを感じました。

拘りを持ち、新たな技術に挑戦し続ける事の大切さを学ぶ機会となりました。

伝統を受け継ぎ残さないといけない焼酎の品質を守りながら、一方では新しい分野に取り組んでこられたところに、創意工夫、研究熱心な企業風土を感じました。基本は挨拶だと思う。