入会案内

1 経営品質協議会とは

企業等の組織は1. 顧客・市場・社会のニーズをいち早く的確にとらえて 2. 事故の競争優位性・独自性を発揮し 3. 持続的に優れた業績を生み出す仕組みを作り出すことが求められています。
このような組織活動上の課題を解決する上で有用な手法が、世界60カ国以上で推進されている経営評価のデファクトスタンダードと言われる「経営品質向上プログラム」です。
本県においては、「経営品質向上プログラム」を普及し、産業界全般の経営品質向上に寄与することを目的として、平成16年1月29日に「鹿児島県経営品質協議会」が発足しました。

2 協議会の主な活動内容

  • 1. 講演会の開催
    日本経営品質賞や全国にある地域経営品質賞の受賞企業の経営者・推進者を講師に招き、経営品質向上を目指す企業等の経営者・推進者を対象とした講演会を開催しています。
  • 2. 研究会の開催
    日本経営品質賞に関し、経営品質の取り組みのレベルに応じた内容の研究会を開催しています。
  • 3. 研修会の開催
    企業等において、経営品質向上プログラムを推進していくために必要な人材である「セルフアセッサー」を養成する研修会を開催しています。

3 経営品質向上プログラムに取り組むメリット

  • 1. 評価基準に照らし合わせることにより、経営全体の課題に気付き、継続的に改善を進めることができます。
  •  
  • 2. 経営幹部の糸や方針通りに全ての活動が進展しているのか、結果が出ているのか常にチェックすることができます。
  •  
  • 3. 恒常的に取り組むことにより、競争力の強化に繋げることができます。
  •  
  • 4. 海外企業との取引において、共通の経営認識に立つことができます。
  •  

4 年会費

50,000円

鹿児島県経営品質協議会入会申込書はこちら